借入に必要な事前情報を大公開します!

当サイトへお越し頂きまして、ありがとうございます。

 

きちんとした業者であれば、カードローンやキャッシングなどでお金を借りる前には、必ず審査を受けなければなりません。

 

借りるという経験がない方は、どんな事を調べるのか、その内容を知りたいですよね。
あるいは、借りようとして落ちた方は、その理由を知っておきたいですね。

 

どこの業者であっても、結果について詳細を教えてくれることはありません。どうして落ちたのかわからないのです。

 

事前に審査内容や基準がわかっていれば、審査を通過し、お金を借りることが出来たかもしれません。

 

実は、通過するためにはコツがあります。例えば、収入証明書の提出義務がない借り入れであっても、あえて提出することで審査スピードが早くなったりする事もあるのです。

 

ここでは審査を有利に進めるために必要な情報や、お金を借りる場合の条件などをお伝えします。

 

業者のおすすめランキングも載せています。

 

お金を借りるときには、ここを読んで活かしてくださいね。

 

 

お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

お金を借りるときの審査で即日で融資を受けられる方法はありますか?

毎日の生活の中で、急な出費の可能性もあるものですね。給料日前であったりするとカードローンやキャッシングでお金を借りる事も選択肢に入ります。業者からお金を借りるにしても、即日審査で融資を受けられるのでしょうか。

 

当然、そういったときには知り合いなどにお金を借りることが出来ればいいのですが、それもできないときは、即日融資が可能である銀行や消費者金融などで借りる方法があります。

 

お金を借りるということは借金になるので必ず審査があります。最近はインターネットなどでも、即日審査でお金を借りる事ができる業者を探せるようになっています。

 

大手消費者金融の良いところとしては、全て即日審査が可能になっていることです。特に問題がないようであれば、必要事項を入力して30分程度で終了するところもあるくらいです。

 

そして即日キャッシングできるのはもちろんですが、その時間も2時間程度というスピードで速やかにお金を借りる事も可能になっています。

 

もちろん、お金を借りる際は事前にしっかりと返済計画を立ててから借りるようにしましょう。

お金を借りるときの審査基準にはどのようなものがありますか?

お金を借りるときの審査基準は、業者によってさまざまですが、ある程度は共通している部分もあります。

 

無担保・無保証のカードローンやキャッシングでは、本人の収入だけを担保にしてお金を借りる事になるので、年収は重要になります。

 

まず、安定した収入を得ているかというポイントが重要になります。勤務形態としてはアルバイトよりも正社員のほうが評価され、より高いお金を借りることが出来る可能性があります。

 

しかし、正社員で働いていても、勤続年数が短い人はすぐに辞めてしまう可能性もあるので、お金を借りる金額に影響が出ます。

 

いくら年収が高くても、沢山の借金を抱えていたら信用は落ちてしまうので、他社からの借り入れ額や件数も審査基準として重要です。

 

他にお金を借りる時に重要になる審査基準としては、個人信用情報があげられます。

 

過去にキャッシングなどの支払いで延滞をしている人は、期日を守って返済をしない人、という評価を受けてしまいます。

 

逆に、良好な利用実績がある人は、約束を守れる人としてプラスの評価を受けます。

お金を借りるときの審査条件はキャッシングのものは一般融資とで違いはありますか?

例えばお金を借りると一言でいっても、最近人気を集めているカードローンなどのキャッシングサービスと、住宅など大きな買い物をする際に利用する各種ローンでは、審査条件が違います。

 

条件の違いと仕組みをしっかりと理解して使い分けるのが良いですね。

 

銀行の住宅ローンは融資額が数千万円にもなりますので、当然審査は時間をかけて厳しく行われ、数週間位かかるのが一般的です。

 

一方で、数万から数十万円という単位でお金を借りるカードローンやキャッシングは、そこまで審査に時間はかかりません。最近では30分程度で終わり、その日のうちにお金を借りることが出来る業者もあります。

 

カードローンが人気を集めているのは、申し込みが簡単で、即日キャッシングが可能である点が挙げられます。その反面金利は高めで、少額の融資を目的にしたサービスであるという特徴があります。

 

一般融資の場合には、しっかりと時間をかけて審査を行い、担保として保証会社などの利用が前提になるので比較的低金利になります。

お金を借りるときの審査でカードローンのものはどのような審査でしょうか?

お金が足りない時には、どうにかして用意をしなければなりません。お金を借りるには色々な方法がありますが、わりとスムーズに審査を終えてお金を借りることが出来るのが、消費者金融などのカードローンやキャッシングになります。

 

スムーズとはいっても、どこの消費者金融でもきちんとした審査があるので、誰でも借りる事ができる訳ではありません。

 

お金を借りるときの審査としては、最初に申し込みの時に入力した必要事項を参考にしていきます。

 

入力項目としては、氏名や年齢、職業、住所、電話番号などの基本情報のほかにも、家族構成や他社からの借り入れなどがあります。

 

それらをもとにして、本人の信用情報とを合わせて審査をしていく事になります。

 

ですから、カードローンというのはその人の信用度が大切になってくるのです。きちんと返済ができる人には貸すことが出来るようになっています。

 

カードローンでお金を借りるには、普段から各種借り入れの返済をしっかりと行うようにすると良いです。

お金を借りるときの審査で消費者金融のものはどのような審査でしょうか?

お金を借りるときの審査ですが、銀行や信用金庫、あるいは消費者金融でも、見られる項目にそう違いはありません。

 

年収、勤務形態、勤続年数といった項目から、借入金額に見合った収入を得ているか、安定して収入が得られているかなどを見られます。

 

さらに、個人信用情報から過去のクレジットカードなどの利用履歴を調査し、延滞などをしていないかチェックします。

 

その他にも、健康保険の種類や居住形態、居住年数、他社からの借入額、借り入れ件数なども審査対象となります。

 

銀行や消費者金融でも、お金を借りるときの審査で見られるポイントはほぼ同じです。しかし、その基準は業者によって異なります。

 

例えば、過去にクレジットカードの延滞を1回や2回していた場合、とある業者では審査に落ちたが、別の業者ではお金を借りることが出来たということもあります。

 

いずれにせよ、銀行や消費者金融は審査基準を公表していません。審査落ちしない為には、日頃から各種支払いはきちんと期日までに行うようにしましょう。

銀行でのものはどのような審査でしょうか?

お金を借りる時の審査は、銀行と消費者金融とでそれほど違いはありません。

 

まず、氏名、年齢、収入、勤務形態などの属性をチェックし、在籍確認をしたり、収入証明書を参照して申告した年収に誤りがないか確認をします。

 

そして、過去の借金履歴などを調べるため、個人信用情報機関に依頼してデータを取り寄せたりします。

 

これらの審査は両方とも行っており、収入証明書が必要になる融資額の基準など、細かな点には違いが見られますが、基本的にはほとんど変わりません。

 

世間一般では、お金を借りるには銀行のほうが条件が厳しいと思われているようですが、実は消費者金融のほうが厳しい事もあるのです。

 

お金を借りる時に年収の3分の1までという限度額を設けるシステムで、そのため消費者金融では限度額を超えると新規にお金を借りることができません。

 

しかし銀行はそれがないので、限度額を気にせずにお金を借りる事が出来るというメリットがあります。

 

くれぐれも、お金を借りるときは収入に見合った金額にして、計画的な返済を心がけてください。

お金を借りるときの審査で融資担当が参考にする情報(CICなど)にはどのようなものがありますか?

お金を借りる時の審査で見る情報は、過去の借り入れ状況などの個人信用情報になります。これを管理しているのが個人信用情報機関です。

 

金融機関は申し込みで得られた住所、氏名などをキーにして、個人信用情報機関に問い合わせを行い、審査の為の情報を引き出しているのです。

 

個人信用情報機関にはCIC、JICC、KSCがありますが、金融機関はこのうち2つ以上の機関に加盟しているのが通常です。

 

銀行は主にKSCに加盟していますが、保証会社がCICとJICCに加盟していることが多いので、結局すべての機関を照会することになる場合もあります。

 

それ以外にも、金融機関自ら申込者が記入した年収や勤続年数といった情報を参考にして審査をします。

 

融資額が大きい場合には、源泉徴収票などの収入証明書を提出してもらうので、年収などの収入面で偽ることはできなくなります。

 

勤務先についても在籍確認の電話をするので、その会社で本当に勤務しているかどうか、ということはしっかりと確認します。

 

お金を借りるときの審査では、こういった項目から総合的に判断して、いくらのお金を融資するのかが決められます。

お金を借りるとき収入証明書は必要でしょうか?

お金を借りるときの審査では、収入証明書が必要となる場合とならない場合があります。

 

お金を借りる際に収入証明書が必要となるケースとしては、消費者金融からの借入れ希望額が50万円を超えるときと、他の消費者金融を合わせた借入れ合計額が100万円を超えるカードローンを組んだとき、といったものがあります。

 

収入証明書が必要となる場合は、申し込みまでに時間がかかり、審査の結果が出てお金を受け取れるのが翌日以降となってしまうケースも多くあります。

 

審査に収入証明書が必要ない場合は、本人確認書類として運転免許証などを用意するだけで借入れする事ができます。しかし審査の結果によっては収入証明書の提出を促される事もあります。

 

お金を借りる際に、収入証明書が必要となる条件に当てはまってしまった場合でも、銀行系カードローンなら必要ない事もあります。

 

しかし、銀行によって必要になる条件は異なりますので、HPなどで確認してから申し込みをすることが大切です。

お金を借りるときの審査で金利が変わることがあるのでしょうか?

結論から述べますと、借り入れをする人によって状況が異なるので、カードローンやキャッシングでお金を借りるときの審査で金利は変わります。

 

その判断は、業者にとって優良な顧客であるか、そうでないかという点によります。

 

例えば、カードローン会社のHPなどを見れば分かりやすいですが、お金を借りる金額によって金利は異なっています。借入額が多ければ利率は低く、少なければ高くなっています。

 

また、100万円から150万円の場合、何パーセントから何パーセントという風に下限と上限の利率が示されています。

 

これらの場合、多くお金を借りることが出来るかどうか、また、範囲内の下限金利になるのかどうかというのはすべて審査によって決まります。

 

審査においては、年齢や収入はもちろん、勤務先、勤務年数、家族構成、持ち家か否か、他社借り入れ状況などを勘案して、お金を借りる金額と金利が決定されます。

 

きちんと返済してくれそうな優良顧客であると判断されれば金利も低くなりますし、そうではなく、返済に難ありと判断されれば高く設定されてしまいます。

お金を借りるとき審査が通らない理由は何でしょうか?

お金を借りる時に審査に通らない理由にはどのようなことが考えられるでしょうか。

 

まず、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングでお金を借りるには、申込み条件というものを満たしておかなくてはなりません。

 

多くの場合、年齢制限と安定した収入のある人となっています。従って、年齢が合わない、あるいは失業中であるなどの場合には、お金を借りる為の審査を受けることすらできません。

 

条件を満たせば審査を受けることになります。まず個人信用情報というものをチェックされますが、ここに問題があれば審査落ちしてしまいます。

 

個人信用情報には、延滞記録のみならず債務整理などについても一定期間記録が残りますので、その場合には審査にひっかかり、お金を借りる事はできません。

 

さらに、申込内容に偽りがあっても審査が通らない理由となります。

 

例えば、本当は失業中であるにもかかわらず前の勤務先情報を提出しても、在籍確認が行われて発覚してしまい、お金を借りる事が出来なくなります。

 

また、短期間のうちにカードローンやキャッシングに何件も申し込みをするのもいけません。

 

相当お金に困っている人と判断され、審査を通過するのが困難になります。

審査なしのところはありますか?

お金を借りる時に審査なしで契約できる金融機関ってあるのでしょうか。

 

お金を借りることができる金融機関とは、通常は銀行や信用金庫、および貸金業者である消費者金融と信販会社となります。

 

銀行は銀行法によって個人向けのカードローンなどをおこない、消費者金融や信販会社は貸金業法による総量規制の範囲内で融資を行います。

 

つまり、法律に基づいて融資を行いますので貸し手側の責任もあります。従って、お金を借りる際にはしっかりとした審査が義務付けられています。

 

最近のカードローンやキャッシングは、利用者の利便性を高めるということで、在籍確認をなしにしたり、一定の金額までは収入証明書を不要とするなどのサービスを提供していますが、審査なしでお金を借りる事ができる業者は存在しません。

 

ところが現実には、審査なし、ブラックでもお金を借りることが可能、と宣伝している業者が存在しています。

 

これらの業者は、当局から許可を受けていない業者の可能性があります。こういったところからお金を借りるのは避けてください。